フレックスタイム制とは? - 労働基準法を詳しく解説します!

労働基準法を詳しく解説します!



フレックスタイム制とは?

  フレックスタイム制とは  

従来の9:00~18:00のように勤務時間が定められているものではなく、
労働者自身が勤務時間を自由に決めることが出来るものです。

例えば夜予定があるから早く帰りたいという時でも
出社・退社の時間が決まっていればそれに従うしかありませんでした。
しかしフレックスタイム制であれば朝早めに出社し働き始めることで、
16時に退社することも可能になります。
融通がきくという意味を持つフレキシブルがこの制度の名前の由来になっています。

従来のように一日○時間と決まっている訳ではありませんが、
一定期間で○時間と決まっているので
極端に短い勤務時間にすることは出来ません。

  目的  

以前に比べると様々な生活スタイルがあり、
また、それらをお互いが受け入れるようになりました。

通勤ラッシュを避けた時間帯にしたい、
朝は弱いからゆっくり通勤したいなどさまざまな要望があります。

フレックスタイム制を導入することで
それぞれの生活や価値観に合わせて働き、
生活と仕事との調和を推進させることが目的とされています。

  コアタイム  

義務ではないのでこれを設けていない企業もありますが、
フレキシブルな労働時間制の中にも
「絶対に出社しないといけない時間帯(コアタイム)」というものがあります。


11:00~15:00をコアタイムと設定しているとすると
いくらフレックスタイム制で遅く出社して良いと言われても
11:00には出社しておかなくてはいけません。

このコアタイムにミーティングをする会社が多いようです。

  良い面もあれば悪い面も  

それぞれの生活スタイルに合わせた時間に働くことで
従来の勤務体制より仕事もプライベートも充実させやすくなるという点では
フレックスタイム制は良いと言われています。

しかし、フレックスタイム制にすることで同じ時間に顔を合わすことが減り、
社内・社外問わずミーティングをしにくくなります。
また、グループで仕事を進める場合は
フレックスタイム制を導入していても自由に勤務時間を設定することが出来ず、
結局従来の勤務体制と同じになってしまうという点で反対の意見もあるようです。

Copyright ©2013 労働基準法を詳しく解説します! Allright Reserved.