辞める時、辞めさせられる時 - 労働基準法を詳しく解説します!

労働基準法を詳しく解説します!



辞める時、辞めさせられる時

仕事を辞めようと決心したり、
また何かの事情で会社を去らなくてはいけなくなった時・・・

労働基準法では退職・解雇についても書かれています。

  解雇  

解雇は大きく分けて3種類があります。

▽懲戒解雇
犯罪などを犯すなど、会社の秩序を乱すような行動をとった時に
行う処分として懲戒解雇が存在します。

しかし会社の秩序を乱すようなことと言われると
抽象的で分かりにくいです。

そのため会社側は
具体的にはどのような行動がそれに当たるのかを就業規則などに示し、
従業員に分かるようにさせておくことが必要です。

▽整理解雇
これは経営を続けることが難しくなった時に人員削減などで行う解雇です。

ただ整理解雇を行う場合は以下の4点を満たすことが条件です。

1.客観的に見ても経営の存続が危ぶまれる
2.経営の回復のために全力を尽くした
3.公平に人選を行った
4.十分に話し合いを行った

▽普通解雇
上記の2種類の解雇にあたらないものです。
極端に勤務態度が悪く、改善の余地が無いとみなされた場合などに
普通解雇が使われます。

  退職  

労働者は、辞めたいと思った時に退職することが出来ます。
解雇のように厳しい決まりは特になく
「一身上の都合」と言って辞めることも出来ます。

労働基準法では定められていませんが、
就業規則によっては退職金が支払われる場合もあるので
辞める前に一度確認しておくと良いかもしれません。

あなたがもしも役員であれば、役員退職金もあるようですね・・・
管理人は退職金に関してあまり知識がありませんでしたが、
下記のサイトを参考にして記事を書かせて頂きました。

参考URL:http://www.world-food-day.org/contents/taisyokukinn.html

Copyright ©2013 労働基準法を詳しく解説します! Allright Reserved.